ヨガと健康、そして医療へ 〜Yogini vol.51〜

2015年5月15日のブログ記事からお引っ越し

ヨガにご興味がある方は一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?雑誌Yogini

3月30日発売の特集は

「ヨガと健康、そして医療へ」

今号の特集ではヨーガ療法が取り上げられています。

様々な疾患がありますが、いわゆる自律神経のアンバランスが関係している病気・心身症は少なくありません。私が所属する日本ヨーガ療法学会ではずいぶん前から医療現場で活動しています。日本で一番初めにできた心療内科のある九州大学病院では設立の頃よりぜんそくの治療にヨーガ療法が取り入れられていたり、病院長であられた久保千春先生や今回掲載されている岡孝和先生をはじめとして、日本全国の様々な病院で多岐に渡って(心臓病・がん・高血圧・糖尿病・心療内科・精神科・歯科・眼科・婦人科・介護予防等々・・・)取り入れられております。病気の上で良い効果が確認されるだけではなく、心の状態が落ち着き穏やかになる事も患者様とご家族様にとっては嬉しいですね。また、実習を行うだけではなく心、脳と身体の関連性を調べる研究なども行われております。

 

 

 

多くの場合、私たちは “ 身体の状態だけが悪い ”、ということはなく、“ 精神状態だけが悪い ”、という事もあまりありません。心と身体をつなぐ呼吸を整えていくことで結果私たち全体がすこやかな状態に導かれます。
ヨーガ療法で行う呼吸と連動させる動きや、呼吸法、瞑想法は脳をリラックスした状態に導きます。そのことによって症状が改善された報告は毎年春の研究総会などで多数報告されております。

健康な人のためだけではないヨーガ。健康維持のため、健康になるため、そして医療現場で。幅広い年代の方に、その方の状態に合わせて、その場所に応じて行うヨーガ療法。

yogaぷらくりてぃで行うヨーガはヨーガ療法です。

2023/4/20引っ越し

特集記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 導かれて〜星に願いを〜

  2. 国連で制定!初めての国際ヨーガの日 2015年6月21日

  3. 2023年秋の青空ヨーガご案内

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP